お世話になっているNPO法人越前そば連合の練習会場にお邪魔し、そば打ち体験をさせてもらいました。

イタリア人シェフのAさんと日本のT君です。

T君は全麵協の打ち方をそば連合の方に教えてもらい、Aさんはパスタを作るような感じでそばを打ち始めました。今回は普段のそば打ちとは違うパスタ系を作るかのようなAさんの作業を中心に紹介いたします。

Aさんの水回しは水を回しながらコネも入れる方法で水回しむらが出そうですが時間短縮にもなるやり方でぐいぐいと仕上げていく。

のしも丸のしからそのまま片手で蕎麦をおさえのし棒でぐいぐいのしていく感じ。

出来上がりは太麺の幅の広いもちもち感のある手打ちそばに仕上がりました。