ご縁を頂き福井国際フェスティバルの委員長をさせていただいております。
幸い優秀なスタッフに恵まれ、みなさんもくもくと楽しい案を出してくれております。

年齢・国籍・性別を越えたスタッフメンバーで企画していると価値観が合わず上手くいかない事もありますが、多文化共生の縮図がここにあると実感でき、燃えてきますw

自分のやりたいことに集中するのは普通ですが、合意を得て一緒に作りあげる事には気力がわかなかったり、上手く思いが伝わらなかったりと停滞気味。これを乗り切ってこそ得られるものがあると頑張っていきたいです。

せっかく来ていただけるお客様に楽しんでもらえるよう、手薄なスペースは事務局と共に穴埋めしたり人捜し、モノ探し…

ここ数年保健所も厳しくなり3階での飲食提供はボランティアの負担も考え飲食は無し。(1階屋台村は健在!)手薄になったところには福井県国際交流関係団体連絡会の中から18団体がブースを出します。

するとこれまで2階て紹介していた連絡会ブースのスペースが空きますので、そこには大人ランド、子供ランドで国籍の違う大人同士、こども同士がゲームを通して相互理解、交流を計れるスペースを創出。また午前と午後に世界のお菓子巻きを2階から地下へ向けて投下予定(予算の都合上、そんなにたくさん無いですw)

福井市事務局の環境団体とJICAが協力しての企画もあり、また地下ホールの扉をとってホワイエと一体としてステージイベント。三味線で有名な高校生佐藤君の演奏や、アフリカより留学している国体選手との話など興味深い企画をみんなが進めています。

他にも楽しい企画がいっぱいです。ぜひ10月21日は福井県国際交流会館にて開催の福井国際フェスティバルにご来場ください。