インターナショナルクラブ 山下善久です。
梅雨が続き夏本番まであと一歩というところでしょうか?大きな話題はオリンピックにコロナ感染、カーボンニュートラルで原発再稼働など、思うところは色々みなさんあると思いますが、事故のないよう安全・安心を第一に進めていただきたいです。

さて、インターナショナルクラブのとりまく状況としては
この7月1日にNPO法人福井芸術・文化フォーラムの理事長を拝命しました。
2003年福井市文化会館で初めてD-1選手権を開催したのをきっかけに入会し17年がたち、文化会館からフェニックスプラザに事務所移転、役員改正の年でご縁を頂きました。

街のなかには多くの外国人はじめ多様な価値観が混在しています。そんなみなさんと多文化共生意識を醸成できるよう芸術・文化面にも力をいれてこれまで以上に活発化させていきたいと思います。インターナショナルクラブの主催でなくても活動の目的や中身は共通部分が多いのでぜひ多数参加いただけたらと思います。

また、福井国際フェスティバルの実行委員長も仰せつかり、会議は続いています。
今年は異文化理解、多分化共生、SDGSといったテーマで部会をつくり、福井大学生を中心に企画を作り始めています。また10月10日のふくい市民国際交流協会さん主催のふくいグローバルフェスタほか、10月の国際交流月間に多くの団体とのコラボ、連携企画を考えています。昨年より開催の外国人コミュニティーリーダーやフクイキャッスルマーケットなど連携しながら自分たちの目指す「街の在り方」をみんなで模索できるネットワーク構築を目指します。

直近としまして、7月11日には虹色まるしぇ@パリオが10時―17時、7月25日にフクイキャッスルマーケットが11時―16時@福井市中央公園にて開催です。ぜひご来場ください。

また、運営基盤にはクラブの会費、イベント参加費、語学教室、山下商店からの利益などがあります。

ここまで来れているのも会員のみなさまの参加とご理解につきます。もうすぐ年度更新時期です。ぜひ継続して国際交流、多分化共生、SDGsといった活動を推進していく意味でご協力いただけると幸いです。